漆器の修理について

翁知屋の秀衡塗、漆器は修理をすることができます。

写真は平泉町内の蕎麦屋さんの器を修理している様子です。

持ち手の部分が折れたり、外れたりしているので、木工用パテで接着。

表面の凸凹を漆と砥の粉を混ぜたサビで、埋めていきます。

〈接着をした様子〉

乾かす間、動かないようにテープでサポート。

 

〈パテの凹凸を砥石で平らにしていく作業〉

まだ途中ですが、これから黒漆を塗り重ねて、完成させていきます。

全面塗り直しは高額になる為、このような部分的修理が大半です。

修理したい品物がある場合

1、品物の状態を確認したいので、当社まで発送お願いします。

2、修理箇所を連絡し、お見積もりを出しますので、料金が合えばお仕事を引き受けます。

※基本的に当社製品を修理しております。

※漆・木製製品でないものは、受け付けておりません。

ご連絡お待ちしています!