第55回 日本伝統工芸展

皆さんこんにちは。
今日から10月です。各地で様々な展示会が開催されていますね。
今日は日帰りで東京日本橋の三越本店にいってきました。

どうしてかというと、日本伝統工芸展が開催されているので、
見に行ってきました。
朝一番の新幹線に乗って、さっき帰ってきました。
今回岩手県から盛岡の南部鉄器の老舗、盛久さんが高松宮記念賞を
とられていて、また一関の指物師の菅原さんが入選されていて、
すごいことだな~と思いました。
どうしても漆のものが気になってしまうのですが、この展示会は
本当にすばらしい芸術品がならんでいました。一切の妥協のない
手の込んでいる作品ばかりで、大変勉強にになりました。
この日本伝統工芸展は、三越本店では10月5日まで開催して
おりますので、ぜひご覧になってください。
日本伝統工芸展を見終わって、三越の5Fの和食器売り場を見に
行ってみると、輪島の指物木地屋のキリモトさんが展示会をされ
ていました。
漆器の業界では、全国から注目されている会社で、漆を建材としても
提案しているところです。
そこにはなんと桐本さんご本人が接客されていて、少しの時間でしたが、
名刺交換をして、お話をうかがうことができたので大変ありがた
かったです。
初対面だったのですが、雑誌に掲載されたホテルのカウンターのお話も
伺うことができてよかったです。
そのあとは、半蔵門にある京都の漆器屋さん像彦さんの東京支店と
吉祥寺にある漆器のKINJUさんをを見に行きました。
東京はいろいろと刺激を受けるものがたくさんあって、羨ましいです。
それではまたまた。