伝産協会『青山スクエア』岩手県漆器組合ブース

皆さんこんにちは。
伝産協会『青山スクエア』さんから岩手県漆器組合ブースの写真を
頂きました。
こちらが全体ブース。
秀衡塗と浄法寺塗との共同のブースです。

翁知屋商品をアップするとこんな感じ。

それから木地価格が高騰しているとの話が、先日の組合の総会や木地師さんや
他産地の塗り師さんから情報が入りました。
なんでも栃の木などが中心に原木の大木がないので、各産地メーカーで取り
合いになっているとのこと。
当社ではほとんど栃の木で製品を作っているので、色々と検討しなければ
ならないことありますね。今後製品価格にはねかえってくるかもしれません。
国産天然木がメインだった漆器業界も、いつの間にか外国産の材料や木粉成型、ABS樹脂の製品が主流になっています。
今後は国産天然木製品は希少製品にどんどんなってくる予感です。
何十年、何百年かけて木も成長するので、材料は大切に使わないといけない
と考えさせられました。
もしいいものが欲しい方は、材料が整っている今のうちに自分の欲しい
メーカーさんの天然木の品を購入される方がいいと思います。
それではまたまた。