JAPANGRAPH<ジャパングラフ>02岩手 取材

皆さんこんにちは。
真央ちゃん金メダル取れると良いですね~。
今日はJAPANGRAPH<ジャパングラフ>02岩手の取材があり、わざわざ東京から取材に来ていただき、秀衡椀を色々と撮影していただきました。 この雑誌はこれから47都道府県の紹介をしていくみたいで、 七雲という会社から出版されるとのことです。この七雲という会社は カメラマン集団で編成された会社だそうです。 1冊目は滋賀県の特集で、2冊目がなんと岩手県という、多くの他県がある中で、魅力的に思える地域なのかと思ってしまいました。 一冊目の滋賀県の冊子。松本さんという女性の方が取材に来ていただきました。お土産に久寿もちを頂きました。
今まで取材にこられた方は皆さん一眼レフのデジカメで写真を撮っていったのですが、松本さんはネガのカメラで写真を撮っていかれたので驚きでした。
秀衡椀の取材を受けていたのですが、作業工程や今までの自分の活動の話をしていると、同学年<昭和53年生まれ>の方ということがわかり、秀衡椀の話以外に話がけっこう脱線してしまいました。
せっかく頂いたお土産は早速小さめの秀衡椀にていただきました。

奥州市水沢出身の私としては、<麦付き節>を思わせる、きな粉&黒蜜は好きなので、おいしかったです。
都内中心の出版になるのかと思いますが、岩手県の全体の特集をしているようですので、岩手県出身の都内の皆様、興味がありましたらご購入いただければと思います。
それではまたまた。

JAPANGRAPH<ジャパングラフ>02岩手 取材”へ0件のコメント

  1. shimasoba より:

    ジャパングラフ第2号の岩手県楽しみにしています.今春発行予定ですが,なかなか出ないので心配していましたが,取材が進んでいるようで安心しました!

  2. YUYA@翁知屋店主 より:

    shimasoba様コメントありがとうございます。
    お話を聞いた分では、本業とは別にカメラマンみんなで取材して、自費出版のようなカタチみたいで、なかなか厳しい中で一生懸命やってるようですので、長い目で見ていただければと思います。