玉小箱 <お雛様>

皆さんこんにちは。
平泉町は段々と暖かくなり、もう少ししたら春の気配です。
実は先月1月15日に、栃木県のおばの家に住んでいた私の祖母が亡くなりまして、一昨日通夜で、昨日、葬儀を無事終えたところでした。
私は喪主だったのですが、1月、2月は4つの展示会の掛け持ちがすでに決まっていて、また親族等も中々うまく予定を作れなく、1ヶ月近く遅くになりました。だから展示会中も、私の心の中は落ち着かなく、段取りを考えたりそわそわ心配事ばかりしていました。
ただ、前もってお知らせをしていたので、親族みんなの都合が良くなって、地域の方々にも色々と協力いただき、みんなそろっていい葬儀でした。
去年の8月におばぁちゃんと漆器談義をして、心強いアドバイスをもらったばかりでしたので、90歳でしたが、まだまだ元気で大丈夫だと思っていました。
昨日の葬儀では、私の知らないおばぁちゃんの思い出をみんなが話をしていて、また拝んでいただいた中尊寺のお坊さんには、祖父や祖母がいた当時に、中尊寺に翁知屋が納めた漆塗りの物のお話をしていただいて、大変ありがたい法要の席でした。
代々、漆を通して地域とつながっている翁知屋を改めて感じ、責任を感じた葬儀でした。
これからも伝統の継承と伝統の形や技術から創られる品、地域とのつながり、大切にしなければなりませんね。
まだ早いですが、去年に続きまして、玉小箱のひな祭りバージョンが
できました。屏風を買って、お店に飾ってみました。
雛あられを入れて、玄関先に置くのにちょうどいい感じです。

それではまたまた。