溜ゆい・OKINAシリーズ製作

皆さんこんにちは。かなり更新をしていなくてすいません。
ゴールデンウィークはすごい人で平泉町はにぎやかでした。
高速1000円効果があり、県外ナンバー(それも遠くの)がぞろぞろならんでいました。
私の連休はお神輿や行事の手伝いや飲み会等色々ありまして、あらためて
平泉町は【お祭りの町】という表現がピッタリだなぁ~なんて思っていました。
それから盛岡カワトクでの展示会では、ご購入していただいた方、
ご覧になった方ありがとうございました。
迷彩のお皿やOKINAシリーズのカクテルグラスが売れたりしまして、
うれしくもあり、内心びっくりしております。
今日は【溜ゆい】と【OKINAシリーズ】の製作風景の紹介です。
まずは溜ゆいから。
写真の木地が鳴子から送られてきます。木地は水目桜。

生漆にて一度木固めします。

その後全体に錆を薄くのせます。弁柄を少し混ぜて錆をつくりました。
修理のお椀も一緒に作業しています。

このようにお椀を作る工程と同じことを溜ゆいでもやっています。
作業の中で一番面倒なのは、研ぎです。通常はロクロを使って
お椀なんかは研ぐんですが、すべて手研ぎです。これは漆器を製作して
いる方しかわかりませんが、やっかいです。小さいし、固定できないの
で…。
こちらはOKINAシリーズの塗り風景。
三脚を買って自分撮りしてみました。カメラが苦手で誰も撮って
くれないので。でもおかげで慣れてきたので今後は自分で色々
イメージ通り撮れるかな。

実はOKINAシリーズも手研ぎなんです。自分でデザインしておいて
言うのもなんですが、面倒です…。ステムの部分には細かい持ち手や
5mmほどのほそい部分もあるので、慎重にせこせこ細かい部分を
ペーパーと砥石で研いでいます。
もし機械を使うとホントに薄く、ほそく挽いてもらっているので、
割れがはいってしまうと思います。
研ぎ風景。右下にちょこっと見える溜ゆいは、工程が進んで黒く塗って
研いであります。

よくお椀と比べてなんで価格が違うんだ??といわれますが、
説明したように、研ぐときにロクロ機械が使えないんですよ…。
しかも漆器製作では絶対にお客さんからは見えませんが、下地と
と同じく<研ぎ>が重要なんです。研がないと漆の結びつきが強固
にならないんです。
そんなところも理解してもらえるとありがたいです。
それではまたまた。
平泉町では今月はもう一つ大きなお祭りがありまして、
24日に毛越寺にて【曲水の宴】があります。
しっとり優美なお祭りです。ぜひお越しください。