体験メニュー

体験メニュー

<うるし塗のコツ>
 製作は自由に心のままに楽しんで。
 うるしは薄く塗ること。
 筆使いはゆっくりすすめて描く。

※注意: 最初に塗る部分をガソリンでしっかり拭いて、それ以降、自分の手のアブラを付けないこと。

体験メニュー4種類

<はし> 4,400円 (1膳)
<ストラップ> 4,400円 (1個)
<スプーン> 4,400円 (1個)
<銘々皿> 5,500円 (1個)

<はし> 4,400円 (1膳)  <材質> アテの木 漆

<はしを上手く仕上げるコツ>
色合いよくなるべく細かく描く。
余白のバランスを楽しむ。
立てて乾かすので、垂れないようにうるしを薄くぬること。

540hashi0
540hashi1
540hashi2
540hashi3
previous arrow
next arrow
540hashi0
540hashi1
540hashi2
540hashi3
previous arrow
next arrow

<ストラップ> 4,400円 (1個)  <材質> ホオの木 漆

<ストラップを上手く仕上げるコツ>
色合いよくなるべく細かく描く。
余白のバランスを楽しむ。
うるしを厚く塗ると凹凸ちぢんで乾くので、なるべく塗面は均一に薄く塗ること

540strap1
540strap2
540strap3
540strap4
previous arrow
next arrow
540strap1
540strap2
540strap3
540strap4
previous arrow
next arrow

<スプーン> 4,400円 (1個)  <材質> 朴の木 ウレタン

<スプーンを上手く仕上げるコツ>
色合いよくなるべく細かく描く。
余白のバランスを楽しむ。
うるしを厚く塗ると凹凸ちぢんで乾くので、なるべく塗面は均一に薄く塗ること

540spoon0
540spoon1
540spoon2
540spoon3
540spoon4
previous arrow
next arrow
540spoon0
540spoon1
540spoon2
540spoon3
540spoon4
previous arrow
next arrow

<銘々皿> 5,500円 (1個)  <材質> 栃の木 漆

<銘々皿を上手く仕上げるコツ>
色合いよくなるべく細かく描く。
余白のバランスを楽しむ。
うるしを厚く塗ると凹凸ちぢんで乾くので、なるべく塗面は均一に薄く塗ること

540sara0
540sara1
540sara2
540sara3
previous arrow
next arrow
540sara0
540sara1
540sara2
540sara3
previous arrow
next arrow