平泉町 中尊寺 紅葉

皆さんこんにちは。曇り空が続いています。
世界同時株安などでこれからどうなっていくのでしょうか。
ホントに不安ですね。それにしてもニュースで聞くような
金融の世界の金額は、なんかとてつもない数字ですよね。
手作りの世界は、人が作業して作れる量は程ほど決まっていて、
年収何千・何億なんて人は皆無だと思います。(いるのかなぁ~!?)
今の金融の世界は、本当は実体のない・価値もない、金融商品を販売して
ただの数字増やしゲームなんでしょうね。
ただその世界の人たち同士で勝手にゲームをしてればいいですが、
今回のように関係のないところにまで、それが影響及ぼすのは
勘弁していただきたいものです。
急に大きな利益を生み出すことはないかもしれないが、銀行や投資会社
をはじめとする金融会社は、本来の役割をこなせるように、一刻も早く
立ち直って欲しいです。
前置きが長くなりましたが、少し時間があったので、秋を探しに
平泉町内を散策してきました。
中尊寺はまだ紅葉には早いようです。10月中旬~下旬にかけて
見ごろを迎えるんじゃないかと思います。
中尊寺の様子。まだ緑豊かです。

クラフトマン養成塾の<流>クラフトの商品を翁知屋店内に
飾ってみました。ぜひ見に来てください。
今度、海外メディアの取材もあるので気合が入っています!!

岩手県や平泉町のようなところは、魅力的な手造りの商品を
どんどん高めていく方が得策だと個人的に思っています。
ものづくりをおろそかにしない方がいいですよ~
高度な文化的背景がないと創造的なものづくりができるはずが
ないですから。
平泉町内には、中尊寺のギボシを銅版を叩いて製作する銅盛板金さんや、
南部鉄器の和秋さんや、仏師・建具・宮大工・畳屋・左官・提灯屋さん
お菓子屋さんなどなど小さい町ですが魅力いっぱいです。
それに米やりんご農家の方や漬け物などを作っているおばちゃん
なんかがいて、能や祝謡なども毎年開催されていて、それだけで
十分観光資源になっているんじゃないかなぁ~。
あとは上手に魅力的にプロデュースする力があれば、
個性的で魅力いっぱいなあこがれの町になるんじゃないか
と想像しております。
このブログが情報発信として、少しでもその役に立てるように
がんばっていきたいと思います。
追加で、現在古い麻布を探しています。昔の蚊帳(かや)が丈夫で
一番いいのですが。お椀のふちの布張りに使用するものです。

お持ちの方で、もし捨ててしまうのであれば引き取りますので、
ご連絡お待ちしています。
それではまたまた。