翁知屋地域デザイン 学生との取り組み

翁知屋地域デザイン 学生との取り組み

仙台の東北学院大で会議をしてきました。
先月岩手県内3ヶ所を巡った学生が、自分の興味あった活動へ、提案書を作ったので意見交換会でした。

五感市の活動へ提案として、地域構想学科の女性4人が来てくれて、カフェや工芸和装観光、フォト系、インフォメーションセンターなど提案をもらいました。

経費的負担や五感市はもう来月開催なので、彼女らがムリなく楽しめるように、今年の五感市に参加し巡りながら、彼女らセレクトの【カフェ&フォトスポット】マップを作って、カタチにしてみることになりました。

このマップは、来年以降にも充分活かせるはずなので!

4人が五感市へ提案書を出してくれた理由が、『地域を自分達で変える!!という本気度が高かった』って話してくれて、ちょっと感動でした。

熱つすぎるのが、若い子にウザくならない程度に、役員会でも情報共有しながら、彼女らの成果を楽しみにしたいと思います!

人口や経済減少が課題になっている地域デザインは、若い人からもどんどん意見出してもらって、自らその地域にきて行動してもらわなければ、その土地の未来は多分暗いと感じています。

間違えもあるかもしれないが、よく意見や話合いをしながら、若い人も活躍できる環境づくりの必要性を感じています。