東京蒔絵教室 5日目

皆さんこんにちは

今日は東京の蒔絵教室についてです。

今回は仕上げの粉固めの方法を習いました。
蒔いた金を上からコーティングするのだが、【生漆・スグロメ漆・梨地漆】とのせる漆を変えたり、のせる作業自体も綿で

刷り込む方法、紙で余分な漆をとる方法と色々教わる。

 

 

先生が作った仕上げのサンプル板をみせてもらう。

金粉の形や大きさの違いで、おおよそ50種類ぐらいあるようだ。

 

 

今習ってる蒔絵の基本、平蒔絵は、〈図案 × 描く漆 × 蒔く金 × 固める漆〉の掛け合わせにより、表現が無限にできる。

 

 

さらにもっと高度な技法があり、研ぎ出す蒔絵方法、立体感を出す蒔絵方法と掛け合わせると無限の組合せになる。

 

平安時代ごろから始まったと思われる日本独自の蒔絵技法が、それぞれの時代の職人の研鑽により進化しながら、1200年かけて

継承されてきてる。

 

はっきりいってプロでも作業工程や技法を確立して作業したり、品物を見分けたりするのが難しいのだから、一般の人は

ワケワカンナイってなりますよね。少しの模様でもやたら高額だなぁって、思うだろうな。

でも印刷ではない、本物の蒔絵だと、やっていることは手間がかかっていますよ。

 

本物の蒔絵技術に関して、国の文化財修復保存以外には、興味があって、色々理解した上で、技法やデザインなどが気に入って

価値を見いだせる人や美術コレクターにしか、販売ルートがない理由もわかる気がします。

少しでも蒔絵が理解してもらえるように書いたら、長くなりました~。

 

地元平泉にある中尊寺・金色堂はこれらの蒔絵技法の他、螺鈿や象嵌技術などの無数の掛け合わせで、表現されています。

詰まっている技は、他に類を見ない、世界最高峰の工芸品のようなお堂だと思います。

 

それではまたまた。

前の記事

溜ゆい