新作『湯呑み』 毛越寺『曲水の宴』

皆さんこんにちは。
最近は天気のいい日が続いています。
毎日仕事関係やら、私が入っている色々な会の総会やら、商工会青年部の町内行事のボランティアやら毎日、
瞬間に過ぎ去っていきます。
今日(5月22日)は、毛越寺『曲水の宴』でした。
平泉商工会青年部は平泉役場青年部とともに、毎年お手伝いをしています。
平安時代の貴族の遊びです。
最高の天気で新緑の綺麗なお庭でした。

観光客もいっぱいですね。

〈新作〉湯呑みについて
100歳をこえた大叔母(祖母の姉)から意見を聞いて開発した湯呑みです。

大叔母は長年、祖父の代に製造した翁知屋製の湯飲みで、毎日お茶を楽しんでいました。
ただこの湯呑みを改善してほしいところもあると話してました。
以前も書きましたが、自分の葬儀では引き出物に秀衡塗を使いたいと話していて、それなら一緒に納得する湯呑みを
イチから新しく作ることにしました。
残念ながら先月亡くなりましたが、完成品は見せることができ、安心したのかもしれませんね。
湯呑みは引き出物としてお使いして頂きました。
今回製作した品は、同じものを少し変えた物と、何種類か候補を製作したので採用されなかった物を商品化
させました。

 

重視したのは、手に馴染む、持ちやすいフォルム・デザイン。
握る直径も年配者に配慮したサイズにしました。
形は3種類、用意しています。


今回の木地は堀君へ。
綺麗な木地を引いていただきました。

色は、木目・赤木目・黒木目の3種類。
特に黒木目は翁知屋独自の漆芸技法を研究し、変色しにくく、艶のある真黒でありながら、木目が美しく出ている塗りに
仕上げています。

目上の方へのプレゼントに喜ばれると思います。

(材料)   けやき
(塗装)   漆・金箔
(サイズ)  直径77㎜ × 高さ87㎜ (3種類あり、微妙に違います。)
(価格)   6,480円 (1個 形はどれでも同じ価格)

それではまたまた。