公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)様から依頼の特注フレグランスセット

皆さんこんにちは。
今日は、公益社団法人日本アロマ環境協会様(AEAJ)(公表OK頂きました)から
依頼を受け製作しました、特注のフレグランスセットが完成したので紹介します。
写真を見せながら解説していきます(^^)
外観から。
指物師に無理を言って、上下の側面を末広がりに、さらにふたをスライドの
木地にしていただきました。

スライドのふたを開けると・・・

こんなセットになっています。
紋様は清潔感ある白漆で統一。
様々なアロマの香りに合うように唐草文様を使用。

このようにお使いできます。
ふたに天然の鹿革をはることで上品さが増します。
うるしの塗装面と革との相性は以前からいいな~と思って今回使って
みました。
ディフューザーは特注磁器を使用。
九州・長崎の伝統工芸品<三河内焼>の中里太陽君に中尊寺ハスをイメージ
したものを特注してもらいました。

ここまでが一等のフレグランスボックスセットでした。
こちらは2,3等のかたへ、フレグランスボックスの白と赤のペア。

すべて木地はねじ切り技法を用いていて、ふたのピッチも中段・下段
どちらにも合うように作られています。こちらの木地は石川県山中の
我戸さんに依頼しました。
ねじ切りになっているので、お気に入りのビンをいれて旅行先などに
持っていくことができます。

去年開催された『平泉のイメージフレグランスコンテスト』がご縁で、
受賞の記念品を依頼されました。
アロマケースが希望で、デザイン・塗り・紋様全般はお任せされました。
自分で図面ひいといてからに、塗りで大変苦労してしまいました~(*_*;
ホントわがままいっぱいの私の図面を仕上げていただき感謝です。
先方は大変満足していただきました。
最近都内でも香りのコーナーの充実が目立ちますね。
この機会に<アロマミクス>こないかな~(笑)
それではまたまた。