結婚のオリジナル引き出物 秀衡塗×三河内焼き

皆さんこんにちは。
震災から一年です。皆さんそれぞれいろんな思いをかかえて生活
していると思います。
私もメディアなどで震災関連の表現を求められる時もありました。
その都度、自分よりも悲惨な状況の方がいるので多くは表現したくないと
担当者に伝えて、それよりも伝統工芸を前向きにやっている部分をちゃんと
とりあげてほしいと伝えてきました。
私にできることは、『かわいい・きれい・かっこいい・渋い…』など、
人々の感性をゆさぶれる工芸品を製作することです。
見てると元気になったり、いとおしくなったり、楽しくなるような工芸品を
創りたいです。
そんな訳で、今回はただ今制作中の、友達の結婚のオリジナル引き出物 
『秀衡塗×三河内焼き』小皿の制作風景を紹介します。
今回は桜のお皿です。今でもいい感じですが、色が入るともっとかわいい
はず!!磁器の白ってホントにクールできれい。
撥水の切れ目もあざやかです。

今回依頼してくれた友達は、私がこの仕事をはじめたころ池袋のWAZA展で
知り合ったのですが、大学の後輩のような友達で、もう10年ぐらいたちますね。
今は紳士靴のデザイナーをしています。当時を思うとまさかと思いますが、
好きなことを仕事にできることは幸せなことです。
今回磁器を制作してくれた三河内焼きの太陽君とも友達で、依頼を受けた時に
迷わず太陽君と話をして、製作することにしました。
裏もサイン入れれる部分の加工をしてもらっています。
ほんとにうるさい要求をかなえてくれて太陽君に感謝です。

生漆で下地したところ。なんかもう既に、かわいいっす。

どうですか~<自画自賛>

自分でデザインしてて言うのも変かもしれませんが、
仕上がりが楽しみです。
毎回想うことは、喜んでもらえれば、すべての苦労はむくわれます。
今回も最後まで楽しませていただきます。
それではまたまた。